アロマが好きだけど愛猫のためにあきらめた・・・

 

そんな愛猫家のペットオーナーさまの切ない声から生まれたました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、猫さんにはほとんどのアロマ精油が危険とされています。

 

なぜ猫には精油が危険なのか?

なぜ猫には精油が危険なのか。一番の理由は、猫の肝臓では多くの精油が代謝できないこと。肝臓の重要な働きのひとつに、解毒があります。肝臓は体にとって有害な物質を無害な物質に変化させています。猫の肝臓には、重要な解毒機構のひとつであるグルクロン酸抱合がないことがわかっています。そのため本来グルクロン酸抱合で分解されるべき精油の一部の成分が、解毒できず、体に溜まって悪影響を与えているからです。厳密に言うと猫さんでも使用できるアロマ精油はあるものの、その濃度や成分の専門知識が必要でかなり気をつけなければいけません。

そこで、特別な知識がなくとも安心して使えるアロマを知ってもらいたい。好きなものを諦めなくて良いんだ!と喜んでいただけたことをきっかけに、このサービスをはじめました。

 

愛猫にも安心天然100%のハイドゾール(芳香蒸留水)

ハイドロゾール(芳香蒸留水)とは?

ハイドロゾールはエッセンシャルオイル(精油)を生産する際に得られる副産物です。その成分のほとんどは単なる水(蒸留水)です。水以外には微量の水溶性の芳香成分が含まれています。生産時に蒸留水と分離しきれなかったエッセンシャルオイル(精油)が微量残っている場合もありますが、ほんの僅かで無視してよい含有量です。微かな香りはありますが、エッセンシャルオイル(精油)のような強い香りはありません。「ほぼ水」なので当然の話ですが、ハイドロゾール(芳香蒸留水)は消臭目的、殺菌目的、ノミ・ダニ対策のいずれでもエッセンシャルオイル(精油)の代用品としては全く役立たないものです。猫に対して使用しても有用性もない代わりに危険性が無く安心して使うことができます。

ただし、ハイドロゾールに他の成分を添加して化粧品として販売している商品も見かけます。そうした商品にも「ハイドロゾール」、またはハイドロゾールの別称である「芳香蒸留水」「フローラルウォーター」「ハーブウォーター」といった名前が書かれていることがありますので、少し注意が必要で見極める必要があります。

 

エステシャンとして成分の知識を活かして・・・

以前、フランスかた輸入された化粧品やアロマの成分表記の仕事を行なっていた経験で成分にはめっぽう強いわたし。この知識が役にたてば!としっかり成分を見つめて猫さんたちも安心できる製品をご紹介しております。